インタビュー

  • HOME
  • インタビュー

歯の健康を通して、皆さまのより充実した毎日をサポートしたい

1981年の開業以来、地域に密着した歯科医療の提供を行ってきました。患者さまが何を求めて来院されたのか、どのようなお悩みを抱えているのかを把握することを第一に考え、それぞれの患者さまに適した治療の提案を心がけています。

お越しいただいた際には、じっくりと時間をかけて、患者さまのお話をお伺いします。中には緊張して思っていることを話せないという方もいらっしゃいますので、お話の中から患者さまの想いを汲み取れるよう努めています。

お互いに納得できる治療を提供することを目指していますので、何かありましたらお気軽にご相談ください。

元々経済学部を卒業して別のお仕事をされていたということですが、それから歯科の道に進まれたのはなぜですか?

「歯科治療を通して地域貢献をしたい」という想いを持つようになったからです。きっかけは、妻の家系に歯科医療従事者の方がいたことです。その方とお話をする機会があり、話しているうちに「自分も地域に役立つ仕事がしたい」と思うようになり、29歳で歯科大に入り直しました。
歯科医師になって1年ほどして当院を開業し、それからは地域の皆さまのために診療を続けています。当時は、学生の頃から多くの歯科医院で勉強させてもらえる機会があり、そこで知識や技術を積むことができたので、早くから開業に踏み出せました。

開業されて以来、この町の変化を見てきたと思いますが、先生が考えるこの町の魅力を教えてください。

長くお住まいになっている方が多くいらっしゃる、昔ながらの雰囲気の残る町だと思います。開業した当時は、ここ美浜は新興住宅が多く、全国から多くの方が引っ越してきていました。その当時からお住まいになっている方が中心の町だと思いますね。当院にお越しになる患者さまも、共に年齢を重ねてきて、次第にご年配の方が増えてきています。それでも、当時から通い続けてくれるということはとても嬉しいですね。

スタッフの皆さまがとても素敵だなという印象を受けたのですが、先生から見た自慢できる点を教えてください。

率先して患者さまとコミュニケーションを取ってくれることに、とても助かっています。当院では、患者さまが何を求めてお越しになり、どうなりたいと考えているのかを十分に把握することを第一に考えています。そのため、患者さまと信頼関係を築くことがとても大切です。スタッフは患者さまと接する機会が多い存在だからこそ、率先してコミュニケーションを取ってより良い関係を築いてくれることで、スムーズに診療が行えています。

このお仕事のやりがいを教えてください。

ご自身のお口の状態を詳しく知っていただき、納得して治療に臨んでいただけた時にとてもやりがいを感じます。私は、一人ひとりの患者さまに適した治療を提案することを第一に考えています。そのためには、十分にお話をお伺いし、その方が何を求めているのかを把握することが重要です。時間をかけて患者さまのお悩みを把握し、より良い治療を提供することを大切にしています。